【実例紹介】
リーダーズコーチングで集患数を増加したK歯科医院



涼やかな秋風が吹き始めた頃、K院長からメールが届きました。
『私自身、いろいろと努力はしているが、これ以上何をすれば良いのか分かりません。』

患者さん数が、今年に入って減ってきているとのこと。 近隣に、歯科医院が林立し始めているのだそうです。お電話をしてみると、K院長の悩みは多岐にわたっていました。

院長「あれこれ思い悩んでも仕方がないことは分かっているんだけどね。」
桑田「だいぶ、お疲れのようですね。」
院長「あはは。結構眠れなかったりしてね。」
桑田「そうでしたか。お辛いですね。」
院長「うちが、他よりそんなに劣っているとは思えないんだよね。」

その通りです。何が悪いという訳ではありませんでした。それでも、患者さん数は減っている。私は、リーダーズコーチングをご提案しました。

意図の確認・目標、目的設定
クリアリングとは、「もやもや」「引っかかり」「気になること」を『ただ聴く』ことで心をすっきりさせ、問題を明確にしていくコーチングスキルです
近辺に歯科医院が増えて、患者数が減っている
スタッフの育成にいつも悩んでいる
奥さんの実家と揉め事が起きて、仕事の最中も気になる
疲れやすくなった
患者さんとの会話が億劫だ


コーチング開始

意図の確認・目標、目的設定
どんな歯科医院でありたいか
自院のウィークポイント、セールスポイントの見直し
自院のブランディング化

期限の決定

次に可能の会話
自院のウィークポイントの改善のために明日から取り組めることを、10個以上あげてみる
自院のセールスポイントの強化のために明日から取り組めることを、10個以上あげてみる
最後に次回コーチングまでの行動目標決定
ウィークポイントの改善
待合室を温かい「おもてなし」の空間にする
→ スタッフとミーティングを行い、案を出し合ってみる
セールスポイントの強化
医療面接の強化
→ 初診の患者さん、外科疾患の患者さんの時間を、15分多く取る
2回目以降のセッション
行動
結果
クリアリング 機能した点・機能しなかった点のディブリーフ 次回の前進
目標設定
意図の確認・目標、目的設定
K院長の体調が
良くなった
スタッフと率直に意見交換ができるようになった
トラブルやアクシデント
に対して、強くなった

医院全体で「おもてなし」を実践し、
結果 集患数がコーチング開始時より30%UP!